11/25 受賞作品発表[お絵かき部門(6歳~9歳の部)]


 最優秀賞(1作品)

「ぼくラグビー好きになっちゃった」
福田隼士さん(8歳)


最優秀賞に選ばれたのは山口県からご応募頂いた福田隼士さんの作品
「ぼくラグビー好きになっちゃった」でした。
勇ましい表情でピッチを突き進みゴールを目指す選手がダイナミックに描かれています。
右肩をあげてガッチリと掴まれたラグビーボールはどこまで行けるのでしょう。
遠ざかるブラックのユニフォームと、迫りくる日本代表の赤いストライプ、すごくカッコいいです。
ゴールを阻止する腕を突破しようとする様子は臨場感たっぷりで、激しい息遣いが画用紙から聞こえてきそうです。
描写とタイトルから隼士さんはその力強さと躍動感に魅了されて、思わずラグビーファンになってしまったのが伝わってきます。
何かを「好き」になる事のパワーを改めて感じさせてくれる素晴らしい作品です。
近づいてきた東京オリンピック。きっと来年の今頃は隼士さんも日本中のみんなもラグビーがもっともっと好きになっている事でしょう。

 優秀賞(3作品)

「ちょうちょにかざりかわいいよ」
平田花さん(6歳)
「Twilignt」
Saneyuki Nagahamaさん(8歳)
「未来」
大宮虎士朗さん(9歳)


「ちょうちょにかざりかわいいよ」
団体でご応募頂いた「第二さくら保育園」の平田花さんの作品です。
ステンドグラスのような色彩のちょうちょや花々、太陽の光は息を呑むほどの美しさです。
色とりどりに輝きながら羽ばたくちょうちょだちが素敵なファンタジーの世界へと連れて行ってくれそうです。

「Twilignt」
団体でご応募頂いた「TwinkleStarインターナショナルスクール」のSaneyuki Nagahamaさんの作品です。
綺麗な夕日に映る船の影と水面に揺れる太陽を眺めていると時間が経つのを忘れてしまいます。
作品から夕暮れの日差しと静かな波の音がこぼれてきそうな、癒やしを感じる素敵な作品です。

「未来」
団体でご応募頂いた「山形ふれあい絵画教室」の大宮虎士朗さんの作品です。
美しい風景を描き、それをさらに面でとらえた表現はとてもユニークで審査員からも驚きの声が出ていました。
自然を幾何学的に描いた理由を色々と考えさせられる、想像力を刺激してくれる作品です。

 入賞(12作品)

「バスケットボール 八村選手」
金内大翔さん(7歳)
「かっこいいライオン」
金木来人さん(9歳)
「大好きなドレス」
上野瀧子さん(9歳)
 
「ジャガイモほりをしたよ!」
天野杏さん(6歳)
「大王イカを狙うマッコウクジラ」
山田琉煌さん(8歳)
「サルがなかよし」
橋本圭悟さん(9歳)
 
「夜行列車」
楠瀬蒼空さん(9歳)
「うしのせわ」
橋本淳希さん(7歳)
「めざせ こうしえん!!」
中川満生さん(9歳)
 
「白ふくろう」
廣谷弥さん(7歳)
「Fireworks」
Elina Kasaharaさん(9歳)
「レッサーパンダの兄弟」
新里瑠惟さん(8歳)


「バスケットボール 八村選手」
2メートルを超える八村選手を見上げるアングルが迫力満点です。バスケットボールと八村選手が大好きなのが伝わってきます。

「かっこいいライオン」
金色に輝くたてがみと眼光が迫力満点です。微笑んでるように見える表情も王者の風格が漂っていてとてもかっこいいです。

「大好きなドレス」
柔らかいタッチと淡く優しい色使いがとても魅力的です。どのドレスも本当におしゃれで眺めていると楽しくなってきます。

「ジャガイモほりをしたよ!」
ジャガイモを見つめる表情が何とも素敵です。ほりだす動きもとてもリアルで、しっかり踏ん張っている様子が伝わります。

「大王イカを狙うマッコウクジラ」
暗い海から獲物を狙うクジラと白く光る大王イカがかっこいいです。足を大きく上げてこれから戦いが始まるのでしょうか。

「サルがなかよし」
仲睦まじいサルたちの表情と動きが何とも魅力的です。優しい空気が作品から溢れ出ていて和んだ気持ちにさせてくれます。

「夜行列車」
闇をライトで照らしながら線路を勢いよく突き進む列車は迫力満点です。運転手さんの表情も凛々しくて頼もしいです。

「うしのせわ」
待ちに待ったご飯の時間なのでしょうか。たまらずエサに迫りくる牛の様子は迫力がありつつどこかかわいらしいです。

「めざせ こうしえん!!」
今まさにボールを勢いよく投げようとしている選手の動きがとても活き活きと、躍動感たっぷりに描かれています。

「白ふくろう」
カラフルな背景に浮かぶ真っ白なふくろうがとても綺麗です。輝く2つの黄色い目玉で何を見つめるのでしょう。

「Fireworks」
煌めく花火とビルのライト、川に映る光、一瞬の見事なイルミネーションを美しく切り取った素敵な作品です。

「レッサーパンダの兄弟」
愛くるしい2匹の表情が何とも魅力的な作品です。ふわふわの毛並みと舌をぺろりとした表情もたまりません。

 佳作(24作品)

  最終選考に選出された作品の上位作に贈られます。
  ※賞状と応募作品のステッカー(S)をお贈りします。


「まちでおどったよ。」
瀬詰陽斗さん(6歳)
「オオアリクイの食事風景」
早川凜さん(8歳)
「電車」
白石竜規さん(7歳)
 
「旅」
菖蒲和さん(8歳)
「私が弟をむかえに行く時」
松井優李さん(9歳)
「仲間たち」
大江響さん(8歳)
 
「雪が降る時」
中村勇斗さん(9歳)
「ゆめのペガサス」
小岩愛奈さん(7歳)
「大物つれた魚つり」
増田睦生さん(8歳)
 
「かぞくでおいしいたこやきパーティー」
山根佑友さん(8歳)
「冬の山」
西田宏平さん(8歳)
「大すきなバッタさん 秋になってもしなないで」
宇敷柚香さん(6歳)
 
「ぞうさんのさんぽ」
中川蒔今さん(6歳)
「大好きなブラキオサウルス」
園部遥士さん(7歳)
「くじゃくのピーちゃん」
森愛美梨さん(7歳)
 
「ようこそねこのせかいへ」
新谷紗彩さん(7歳)
「エジプト大好き」
陳梓月さん(7歳)
「ひかりたっぷりこんちゅうたち!!」
小澤悠陽さん(6歳)
 
「シロクマの春」
南心結さん(7歳)
「毒を吐くキングコブラ」
靳子毅さん(6歳)
「ぱぱぱんだ」
宍戸てれささん(7歳)
 
「金閣寺」
山本明広さん(7歳)
「イチゴ」
佐藤心奈さん(9歳)
「だいすきなパンダ」
中川優茉莉さん(7歳)



※惜しくも今回受賞ならなかったものの、受賞作に負けないくらい優秀だった作品をGrimm公式インスタグラムでご紹介させて頂いております。(毎日1作品づつ紹介)
世界中のみんなから「いいね!」が届いてますので、よろしければ是非ご覧下さい。
Grimm公式インスタグラム⇒https://instagram.com/grimmkidsart/

※全ての賞品は2020年1月31(金)までに発送致します。
万一2月5日を過ぎても賞品が届かない場合は、お名前、お電話番号、ご住所をご明記の上、以下のメールアドレスにご連絡下さい。

[お問い合わせ]
info@grimmnet.jp
 
 

[らくがき部門(0~5歳の部)]


[審査員特別賞]



[過去のコンクールの結果発表]

[第11回Grimmお絵かきコンクール]


[第10回Grimmお絵かきコンクール]


[第9回Grimmお絵かきコンクール]


[第8回Grimmお絵かきコンクール]


[第7回Grimmお絵かきコンクール]


[第6回Grimmお絵かきコンクール]


[Grimmらくがきコンクール]


[第5回Grimmお絵かきコンクール]


[第4回Grimmお絵かきコンクール]


[第3回Grimmお絵かきコンクール]


[第2回Grimmお絵かきコンクール]


[第1回Grimmお絵かきコンクール]


[トップページに戻る]