11/25 受賞作品発表[らくがき部門(0歳~5歳の部)]


 最優秀賞(1作品)

「かっこいい恐竜になりたいな。」
財部陸さん(5歳)


最優秀賞に選ばれたのは福岡県からご応募頂いた財部陸さんの作品
「かっこいい恐竜になりたいな。」でした。
肉食恐竜の開いた大きな口は真っ赤に染まっていて、鋭い牙が並び、さらにはヨダレが吹き出しています。
顔や首の部位をひとつひとつ丁寧に描いているので恐竜の顔が立体的に浮かび上がり、よりその存在感、重量感を強めています。
恐竜が本当に大好きで、図鑑や絵をよく観察し、日頃からその姿を想像しているからこそ描ける作品だと思います。
色使いや模様も独創的で、イメージを膨らませながら楽しんで描いているのが伝わってきます。
色鉛筆で描いているのに、絵の具に負けないくらい着色もしっかりしていて、強い筆圧でグリグリと描き込んでいるのがわかります。
陸さんが画用紙に向かって一心不乱に色鉛筆を走らせている様子はきっとこの恐竜に負けないくらい大迫力なのでしょう。
「らくがき」部門での受賞ではありますが、みる人にパワーを与えてくれる素晴らしいアート作品です。

 優秀賞(3作品)

「バッタがうまれた」
桑原奏人さん(5歳)
「大きなモササウルス1」
神野育實さん(5歳)
「トラ」
奥航太郎さん(5歳)


「バッタがうまれた」
団体でご応募頂いた「アトリエENDO」の桑原奏人さんの作品です。
ニコニコ笑顔で愛嬌たっぷりのかわいらしい赤ちゃんバッタですが、同時に力強いエネルギーも満ち溢れている作品です。
暗がりの中に白く輝きながら六本足でしっかりと立つ様子はどこか神秘的にも感じます。

「大きなモササウルス1」
団体でご応募頂いた「アトリエセラセラ こども絵画教室」の神野育實さんの作品です。
モササウルスを頭、胴、尻尾の3作品に分けてご応募頂き、その新しい試みに多くの審査員が感銘を受けました。
大きなお口を開いた魚がさらに大きな口のモササウルスに飲み込まれる様子は圧巻です。

「トラ」
団体でご応募頂いた「その絵の会」の奥航太郎さんの作品です。
生い茂る深い緑からのぞいている白くて大きな顔は迫力満点です。
今にも飛びかかってきそうな、大きくて鋭い眼光が見つめる先には一体どんな獲物がいるのでしょう。

 入賞(12作品)

「びっくりしているおとうさん」
天野菖さん(4歳)
「ネコちゃんのあたまからにじ!!」
中村結菜さん(5歳)
「大好きな動物たちと遊びたい!!」
岩本太一さん(5歳)
 
「強いライオンが、好きだ!」
西山譲さん(5歳)
「しんかいに いきのこった シーラカンス」
金子奏真さん(5歳)
「お料理 大好き」
高橋凜奈さん(5歳)
 
「仲良し」
廣谷哉子さん(5歳)
「Summer Day」
Yuina Haradaさん(3歳)
「むしがたくさんでビックリしたよ」
籐野隼人さん(5歳)
 
「スイカのブランコ」
永井 凜々葉さん(5歳)
「かわいいイルカ」
吉住地叶さん(4歳)
「てんとうむし」
東條紗弥さん(5歳)


「びっくりしているおとうさん」
驚いている表情が何とも魅力的な作品です。きっと菖さんはおとうさんが両手をあげてびっくりする姿が大好きなのでしょう。

「ネコちゃんのあたまからにじ!!」
カラフルな空と花畑、そしてネコちゃんの頭からは綺麗な虹。ファンタジーな世界を眺めているとワクワクしてきます。

「大好きな動物たちと遊びたい!!」
大きなお口でドーナツを食べるワニやシマシマのゾウ、おしゃれ模様のキリン、眺めているだけで楽しくなってきます。

「強いライオンが、好きだ!」
大きく見開いた丸い目とグッと結んだ口、真正面からまっすぐ見つめて描いたライオンの顔はものすごい迫力です。

「しんかいに いきのこった シーラカンス」
暗い海底をゆっくりと泳ぐシーラカンスの様子がとてもよく伝わってきます。青く光る目が神秘的で綺麗です。

「お料理 大好き」
大人顔負けの素晴らしい画力で多くの審査員が驚いていました。表情から料理が大好きなのが伝わってきます。

「仲良し」
ふんわりとした世界観がとても魅力的な作品です。ピッタリと寄り添ってじゃれ合う2羽が微笑ましいです。

「Summer Day」
さんさんと降り注ぐ太陽の光、それを受けグングン頭を伸ばすヒマワリ、元気が湧いてくる素敵な作品です。

「むしがたくさんでビックリしたよ」
様々な虫の特徴をよくつかんでいます。レアな昆虫達をいっぱい見つけて喜んでいる様子が伝わってきます。

「スイカのブランコ」
スイカのブランコでスイスイ感じる風はとても気持ち良い事でしょう。2人ともニコニコで楽しそうです。

「かわいいイルカ」
海のブルーを泳ぐイルカのブルーが美しいです。観る人を爽やかな気分にさせてくれる素敵な作品です。

「てんとうむし」
まんまる体とお目々のてんとうむしは愛嬌たっぷりでとてもかわいいのに、存在感がしっかりあります。

 佳作(24作品)

  最終選考に選出された作品の上位作に贈られます。
  ※賞状と応募作品のステッカー(S)をお贈りします。


「ワラビときなこ」
妹尾碧海さん(5歳)
「おかあさんのちからこぶ」
弘山紗菜さん(5歳)
「Robot」
Kanei Kurachiさん(4歳)
 
「わんちゃん」
甲斐瑞生さん(5歳)
「つよいぞ!ぼくのカブトムシ」
小中香司朗さん(3歳)
「プリンセスとバラ」
水谷玲美さん(5歳)
 
「家族でプール」
安藤陽南子さん(4歳)
「大好きなおばあちゃん」
福田七望さん(4歳)
「カニさんみつけた!」
新谷航大さん(3歳)
 
「だいすきなリスとどんぐり」
平沼優花さん(5歳)
「大好きなケーキをいっぱい食べたいな」
大島菜々華さん(4歳)
「大好きなドングリと双子の妹と空を飛びたいな」
内匠風亜さん(4歳)
 
「ぞうさん」
上野琉寧さん(5歳)
「Dinosaur」
Arugo Nakamuraさん(3歳)
「大好きなパパとママ」
萩島ゆずさん(5歳)
 
「にじいろのだんごむし」
一藁晴翔さん(5歳)
「にじいろサウルス」
木村大賀さん(5歳)
「かわいいリスちゃん」
塩田采実さん(5歳)
 
「へんしんだんごむし」
三浦恵未さん(4歳)
「大すきなうさちゃん」
加藤咲樹さん(5歳)
「よるにとぶチョウトンボ」
星野悠樹さん(5歳)
 
「おとうさんとはみがきたのしいな!!」
小中香依さん(3歳)
「大好きなチューリップとパパとママ」
田邉結愛さん(4歳)
「きょうりゅう」
原翔大さん(5歳)



※惜しくも今回受賞ならなかったものの、受賞作に負けないくらい優秀だった作品をGrimm公式インスタグラムでご紹介させて頂いております。(毎日1作品づつ紹介)
世界中のみんなから「いいね!」が届いてますので、よろしければ是非ご覧下さい。
Grimm公式インスタグラム⇒https://instagram.com/grimmkidsart/

※全ての賞品は2020年1月31(金)までに発送致します。
万一2月5日を過ぎても賞品が届かない場合は、お名前、お電話番号、ご住所をご明記の上、以下のメールアドレスにご連絡下さい。

[お問い合わせ]
info@grimmnet.jp
 
 

[お絵かき部門(6~9歳の部)]


[審査員特別賞]



[過去のコンクールの結果発表]

[第11回Grimmお絵かきコンクール]


[第10回Grimmお絵かきコンクール]


[第9回Grimmお絵かきコンクール]


[第8回Grimmお絵かきコンクール]


[第7回Grimmお絵かきコンクール]


[第6回Grimmお絵かきコンクール]


[Grimmらくがきコンクール]


[第5回Grimmお絵かきコンクール]


[第4回Grimmお絵かきコンクール]


[第3回Grimmお絵かきコンクール]


[第2回Grimmお絵かきコンクール]


[第1回Grimmお絵かきコンクール]


[トップページに戻る]